MENU

頭皮が乾燥すると掻いてかさぶたがでる症状がでる

乾燥する時期になると肌の乾燥を感じる人は多いですが、皮膚だけでなく頭皮も乾燥してしまいます。乾燥をそのままにしていると、さらに症状は悪化して痒みがでてしまうこともあります。知らない間に掻いていて、そこに炎症がでることもあります。

 

そしてかさぶたになってしまうことがあります。そして、かさぶたも、治りかけになるとさらに気になってさわったり、ひっかいてしまい、治る時期が遅れたり、さらに炎症がひどくなるという場合があるのです。

 

こうしたことを繰り返さないためには、頭皮を乾燥させないようにすることが必要です。いまつかっているシャンプーを変えてみるのも1つの方法です。頭皮にやさしい無添加にものやアミノ酸系のものにするだけで、頭皮の乾燥を防いでくれるものもあるのです。

 

少しずつでも症状がよくなっていくことで、かさぶたもよくなっていきますし、もともともとの痒みの症状もなくなっていくので、かさぶたが完治するようになっていくのです。頭皮にとって、かさぶたが悪いというよりも痒みがあって掻いてしまうことで、頭皮全体にも悪影響が及ぶこともあります。頭皮を傷つけることによって毛根が痛んで抜け毛が進むこともあります。若い年代でも、髪が薄くなってしまうのは、こうしたことも影響していることがあるのです。

 

ですから、乾燥することも掻くこともなるべくないように普段つかっているシャンプーやトリートメントを見直すのも大事なことです。